Blog

Intensity Pro 4Kの遅延

キャプチャカード、Intensity Pro 4Kの遅延を測ってみました。
というのは、肉眼ではわからないくらい遅延が小さいのです。

スプラトゥーン2が普通にできてしまいます。

ということで上記の画面の左側がピクチャーインピクチャーで表示している画面で、右側がOBSでキャプチャしている画面です。

使っているモニタはBDM4350UC/11です。2つの画面を同時に出せます。
撮影したのはSONYのα6500、120fpsで撮影しました。

結果は、

0.08秒の遅延でした。

これはだいたい30フレームでいう2フレーム、スプラトゥーン2は60fpsなので、4フレームの遅延です。

・・まぁ気になる人は気になるのかも。

私は全然わかりませんでした汗

 

ところでSwitchは普通にIntensityにHDMI接続しても写りません。

こたえはここにありました。

HDMIのスプリッターが必要です。私はたまたま持っていたのですが、普通は購入する必要がありますね。

私はこれを使っています。ただ、外見が同じだけで中身が違うかもしれませんのでよくよく注意してください。

 

さて、さらにですが、Switchの本体のイヤホン端子にヘッドフォンを接続すると、キャプチャ側に音は出ません。これはどうしようもないみたいですね。サポートにも載っています。しばらくこれに気づかずにキャプチャ側に音が出ない理由をIntensity側でずっと探していました。。。

 

 

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*