中小企業の知的資産経営をIT×法務でサポートします

知的資産経営という言葉をご存知でしょうか?

知的資産は経済産業省が定義しています。

知的資産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。
これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であることに注意が必要です。

経済産業省、知的資産・知的資産経営とは

さらにこのような企業に固有の知的資産を認識し、有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営」と呼びます。

NAOMOでは企業それぞれの強みをきちんと捉え、ITや法務のご提案ができます。

こんなことに困っていませんか?

  • ウェブサイトやSNSなどを有効活用したいがどこに頼んでいいかわからない
  • 社内セキュリティがきちんと機能しているのか、また運用上問題ないのかがわからない
  • 重要なデータがきちんと保全されているのかが心配
  • 他社との契約や仕組みづくりの際の最適解がわからない
  • コンプライアンス(法令遵守)を重視できているかが心配
  • 自社の強み(知的資産)を従業員が認識し、行動できているのかのチェックができない

NAOMOは自社開発もできるITプランニング企業です。

自社のIT管理部門法務部門として活用できます。

企業のアシスタントディレクター的な役割で知的資産経営をサポートいたします。

新着記事

家賃支援給付金が開始
新型コロナ関連の支援をIT関連中心にまとめてみた
イベント用VRプレイヤー、VirtuaWorkの存在価値
なるべく楽にパスワードを管理する【重要】
パソコンを資産にしたくない笑 10万円以上のパソコンを資産にするコツ
パソコンをCPUで選んではいけません。どのパーツが重要か考える
VRにストーリーを。イベント・展示でVirtuaWork
写真で見るOculusGo
久しぶりにBeatSaberでMixedReality
はじめてのDaydream

新着ニュース

北九州の官営八幡製鐵所VRシステムを担当
VirtuaWork イベントに最適化された360動画VRプレイヤー無償公開。スマホでも再生可能
NAOMOをフォローする
NAOMO
Translate »
タイトルとURLをコピーしました