Blog

アップロードできない場合

これはWordPressに限らずですが、さまざまな場面でアップロードします。

ブラウザ上でパソコンのファイルを指定してアップロードするわけですが、結構トラブルのもとです。

大きく3つあります。

1、容量が大きい

2、種類が違う

3、権限が違う

 

1、容量が大きい

zipファイルとかjpgファイルとか大きいデータはいくらでもありますね。この場合はだいたいはサーバのPHPの制限です。

/etc/php.iniファイルを修正します

file_uploads = On  //これがOnなのは必須です。標準でOnです。

upload_max_filesize = 256M //名前のとおりファイルサイズの上限です。Mはメガなので、この場合は256メガバイトです

post_max_size = 256M  //これはformのpostで送れるサイズの上限です。上のupload_max_filesizeと同じ値で大きくしておきましょう。

memory_limit = 256M  //これは最大消費メモリサイズです。たまにこれも関係あります。大きい方がいいですが、なにかトラブルがあったときにメモリを消費します。

max_execution_time = 30 //これは接続時間です。30だと30秒です。大きなファイルの場合は時間がかかるので、ここも大きくしておきましょう。

他にもFormでも容量の制限ができます。これはエラーメッセージですぐにわかりますね。

2、種類が違う

これはサーバではなく、ブラウザのほうです。ファイルの拡張子を確認して、はじくことができます。でもこれはすぐにわかりますね。

3、権限が違う

ブラウザでアップロードするので、サーバはApacheなどのhttpサーバが動いているユーザでファイルを書き込もうとします。Apacheだと標準がApacheユーザですが、書き込もうとしているディレクトリがftpなどでユーザがUPしていると、ディレクトリ権限が755だったりしますね。そのディレクトリにApacheユーザーは書き込みできません。なのでエラーになります。777が誰でも書き込みできる権限なので、まずは

chmod 777 ディレクトリ名

してください。ただし、777は誰でも変更削除できるので、危険な権限ということも忘れずに


One Comment

  1. Heaven 2016年7月25日 5:23 AM Reply

    That ingt’hiss perfect for what I need. Thanks!

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*