Blog

PHP The Right Wayで紹介されていたMicroフレームワークのFat-Free-Frameworkを使ってみた

http://www.phptherightway.com/

はPHPを正しく使おう、という啓蒙(?)サイトですが、ここで紹介されているマイクロフレームワークというのに興味を持ちました。

マイクロというのは普通のフレームワークとなにが違うんだろう?いくつか紹介されている中で一番トップに紹介されているのがFat-Free-Framework(略してF3)です。

習うより慣れろでまずは使ってみます。

Fat-Freeのサイト

フレームワークのダウンロードはこちら

私がダウンロードしたのはバージョン2.0.12です。

fatfree-2.0.12.zip

他にサンプルとして

url-shortening.zip

blog-opp.zip

があったのでついでに落としておきました。

F3のサイトは縦に長い1ページなので上から単純に読んでいってみます。

名前の通り無駄な脂肪のない、軽いというのが特徴のようです。データベースはMysql,SQLite,PostgreSQL,NoSQLなどのマッパーがあるのでなんでもこい、というところでしょう。

  1. テンプレートエンジン
  2. 動的にXMLサイトマップの生成
  3. RSSフィード生成
  4. CAPTCHA生成
  5. ユーザ認証
  6. OpenID対応
  7. ログ生成
  8. 国際化対応
  9. SMTP over SSL/TLSが使える
  10. Google,Twitter,Yahoo,AkismetのAPIラッパーがある
  11. ZIPが使える

が特徴として挙げられています。(機能多いですよね)

PHPは5.3以降の対応だそうです。FuelPHPなどと同じですね。レンタルサーバとかだと5.3以前の場合もありますので注意。

さくらのスタンダードとかは大丈夫です。

VPSとかでもCentOS6以上だと

yum install php53

で5.3が入ると思います。

環境ができたらまずは実行です。

私はMacなので、MAMP環境で動かします。

FatFreeとは関係ないですが、MAMP2.1を使っていますが、conf/php5.*/php.iniの中のdate.timezoneは正しく設定しましょう。

デフォルトだと

date.timezone = MAMP_timezone_MAMP

となっています

date.timezone = Asia/Tokyo

とかですね。

fatfree-2.0.12.zipを解凍してそのままアクセスしてみます。(.htaccessもありますので注意)

画面キャプチャがこれ。

Powered by Fat Free Framework 2 0 12 091348

これはルートのindex.phpが生成しているので、まずはそのindex.phpの名前を変更して、下記のような新しいindex.phpを作ります。

[php]
<?php require_once ‘lib/base.php’;
F3::route(‘GET /’,’home’);
function home() {
echo ‘Hello, world!’;
}
F3::run();
[/php]

これがHelloWorld!です。

ここで.htaccessのRewriteBaseが/になってるのに気づき、環境に合わせます。

私の場合はMAMPのhtdocsの中にfat-freeフォルダを作り、その中にfatfree-2.0.12フォルダがあるので、

RewriteBase /fat-free/fatfree-2.0.12

となりました。

内部のページも作ってみましょうということで、ルートのindex.phpを

[php]
<?php
require_once ‘lib/base.php’;
F3::route(‘GET /about’,’about’);
function about() {
echo ‘Donations go to a local charity… us!’;
}
F3::route(‘GET /’,’home’);
function home() {
echo ‘Hello, world!’;
}
F3::run();
[/php]

とすることで、

http://localhost/fat-free/fatfree-2.0.12/

だけでなく、

http://localhost/fat-free/fatfree-2.0.12/about

でもアクセスできるようになりました。

PHP5.3以降で使えるNameSpace機能を使うと

[php]
F3::route(‘GET /about’,
function() {
echo ‘No subliminal messages here…’;
}
);
[/php]

とシンプルになりますね。

ただ、ページの内容の同じファイルに書いていくと、普通サイトは複数ページあるので大変なファイルになってしまうので、

[php]
class webpage {
function display() {
echo ‘A rose by any other name is still a rose’;
}
}
F3::route(‘GET /about’,’webpage-&gt;display’);
[/php]

とすることで、class webpageの定義のところが別ファイルになるのですね。

まだまだ入り口ですね〜、とりあえずはここまで。

Comments are closed.