Oculus Quillで全機能を使ってみました

TiltBrushにつづいて、Oculus Quillで遊んでみました。

同じお絵かきソフトですが、考え方が全然違います。

ぜひ両方体験してみてほしいです。

個人的にいえば、Tiltbrushの派手で大味な感じよりはQuillのほうが好きかもしれません。

コメント

  1. yui より:

    はじめまして!
    これからVRペインティングをしたいと思っており、情報を探していた所こちらの記事にたどりつきました。
    わかりやすい動画をありがとうございます。

    質問なのですが、QuillやTilt Brushを操作する際にVR酔いなどはありましたか?
    まだVRヘッドセットを持っておらず、体験する施設も近くになく…
    もし覚えてらっしゃったらぜひ教えて頂けると嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    • hide より:

      こんにちは!VR酔はおそらくないと思います。
      私自身はほとんどのコンテンツで酔わないので当然QuillやTiltでも酔いません。
      VR酔いは現実と3Dの認識のズレで起こると思うのですが、ペイント系はずれが起こりにくく、酔いは大丈夫かと思います。が、目の疲れは大きいように思います。

      ちなみにQuillはRiftでしか動きません(Reviveなどの裏技を使わなければ)
      TiltはVIVEでもRiftでも提供されています。
      ちなみに他のペインティングアプリもいろいろあります。
      いろいろ試すにはVIVEのほうが種類が多いように思います。
      私はほぼすべてのペインティングアプリを購入してるのですが、比較動画を作りたいんですが、
      大変なわりに需要ないかな、ということで躊躇しています。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました