Blog

LINE電話を使ってみた

固定電話に電話をかける機会があり(めったにない)

LINE電話を使ってみました。

楽天電話との勝負になりそうですね。どちらが使いやすいのでしょう?

細かい比較はこちらにゆずります。

そもそもLINE電話や楽天電話は、FUSION Smart や050PLUSなどの

自分の電話番号は050-xxxx-xxxxとしてかける、ではありません。

自分の携帯電話からあたかもかけたように相手には090-xxxx-xxxxなどのように自分の携帯番号が表示されます。

なので発信専用です。用途が050番号とは全然違います。

ほとんどの方にとって必要なのは、ケータイの通話料金を下げたい、ということだとすると、LINE電話や楽天電話は試す価値がありますよね。

そしてそういうシチュエーションというのは相手は携帯電話です。相手が固定電話であれば、050のFUSIONSmartや050PLUSも検討するべきです。

で、わざわざこういう仕組みを使いたい、ということは、通話料金を安くしたいから、ですよね?

となると、1分14円のLINEと1分20円の楽天では、LINEに軍配があがります。

ところが、無条件でLINEがオススメか、となるといくつか問題もあるのです。

1、LINEは1分単位。楽天は30秒単位(楽天は正確には30秒10円です)

2、LINEはチャージ方式なので先にお金をチャージする必要があります(100円から)。楽天は後払いです。

 

両方かけてみて、正直音質はどちらもいいです。問題ありません。

なかなかどちらがいい、とはいえないのですが、私の場合、固定電話にもそこそこかけるので、そちらまで検討すると、

LINE電話に軍配があがりました。

楽天は相手が携帯でも固定でも30秒10円ですが、LINE電話は1分3円と激安なんです。

30分くらい話すこともありますので、そうなると楽天では600円、LINEだと90円です。大差がつきます。

さらにLINE電話は30日プランというのがあってさらに通話料が下がります。

 

というわけでFUSIONSmartの050とLINE電話の併用に決めました。あとはLINE電話の金額を見ながら30日プランに入るかどうかだけです。

 

 

 

Comments are closed.