Blog

ユーザーの種類を攻略しよう

WordPressにはユーザー管理があります。管理画面にログインできるユーザーを作ることができるのですね。

このユーザーは種類があって、それぞれ役回りがあります。

スクリーンショット 2014 05 08 4 22 49

インストール時に作るのは無条件に管理者です。自分だけで使う場合にはユーザーの種類は考えなくていいでしょう。

でも知り合いや同僚、部下、クライアントに使って貰う場合に悩むことになります。

ユーザーを作るときに一番わからないのがこの権限グループです。

で、わからないときはググるかWordPressCodexです。ユーザーの種類と権限、というページがあります。

残念ながら最新の情報ではないのですが、大枠下記の図でOKです。

スクリーンショット 2014 05 08 5 04 48

認識としては

1、購読者

ログインできるだけ。記事を書いたり出来ない。

2、寄稿者

記事の編集だけできる。

3、投稿者

画像をアップしたりしながら自分の記事の投稿、編集ができる。

4、編集者

投稿者の機能に加えて自分以外の人の投稿も編集できる。また、記事だけでなくページも編集できる。雑誌でいう編集長?

5、管理者

なんでもできる。

となります。実際には自分以外が投稿者、という場合がもっとも一般的でしょう。WordPressマガジンのできあがりです。

 

とはいえ実はこの種類は初期設定。権限はレベル1から10まで存在し、カスタマイズできます。

上記の設定に飽きたらカスタマイズにチャレンジ、ですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*