Blog

とうとうiPad miniにRetinaが・・・

スクリーンショット 2013-10-24 0.44.31

普段一番使っているデバイスはiPad miniと言っていいくらいiPad miniが生活の一部になっております。

メールを読むにもウェブを見るにも2ちゃんねるまとめを漁るにもRSS ReaderもiPad miniです。

iPadだとソファに寝っ転がりながらは重くて危険です。落としたり、なんだったら顔の上に落ちそうになったりします。

比較的大きいほうだと思う手ですが、iPadは取り回しに困ります。miniだと片手で持てます。

今度のiPad Air(iPad5)はすごく良くできていると思います。

今のiPadの比較はこのページがオススメです。

【詳細比較】iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデルと旧iPadのスペックを比較してみました!

 

本題はiPad miniがRetinaになった、いえ、なってしまったことです。

私は以前

iPadmini がRetinaでなくて良かった

という記事を書きました。Retina化は反対なのです。iPad3を思い出します。Retina化することで

厚みが増し、重くなり、バッテリが持たなくなるのです。

ここでiPad miniのRetinaとこれまでのminiの比較のポイント部分だけ抜き出してみます。

iPad mini iPad mini Retina
厚さ 7.2mm 7.5mm
重さ(WiFi) 308g 331g
駆動時間 10時間 10時間
バッテリ容量 16.3Wh 23.8Wh
充電器 5W 10W
価格(16GB) 31,800 41,900

予想通り厚みが増え、重さが23g重くなり(結構バカにできません)、CPUを速くしたのでバッテリを46%も大きくしたのに駆動時間は変わりません。

iPad3のときがそうでしたが、RetinaはCPUパワーを使うらしく、新しいCPUになっても体感がそんなに変わらないという部分もありました。

これだけ犠牲にして、価格は1万円も高いのです。

普段iPad miniを常用している私として、買い換える意義がまったく見いだせません。

326ppiという高詳細は魅力ではあるんですが、現状の163ppiで、正直まったく不満がありません。

あと細かいことですが、充電器が10Wになり、これまでiPad miniはiPhoneの充電器をそのまま使っていたのですが、それもできなくなりました。

iPad miniを持っている方はiPad mini3を待ちましょう。iPad miniを持っていない方はiPad mini のNoRetina版を買いましょう。

Comments are closed.