Blog

iPadmini がRetinaでなくて良かった


ipad-mini / methodshop.com

さっそくiPadminiでこんな情報がありますね。

「iPad mini 2」Retinaディスプレイで2013年に登場か

http://netafull.net/ipadmini/041988.html

私はiPad miniの64GB黒を持っています。でも上記のニュースを見てもなんとも思いません。

iPad miniはRetinaじゃなくて良かった

と思っているからです。とはいっても噂でも1年後です。そんな待ってられないですよね。

おそらくですが、iPad miniからiPad mini Retinaになるときには、iPad2からiPad3になったときに起こったようなことが起きる可能性が高いと思います。

犠牲になるのは速度とバッテリです。

速度についてはあちこちでベンチマークが上がっていますが、実際ほとんど変わりません。CPU速くなってるのに。

つまりRetinaに描画するコストが高く、足を引っ張るみたいです。

バッテリは1.7倍の容量なのに、利用時間はさほど変わっていません。充電時間も約2倍になっています。

つまりRetinaはバッテリを消耗するデバイス、ということです。

そもそもiPad miniがドット密度が低いのはたしかですが、iPad2と同じ解像度で面積が狭いわけで、必要十分な画面だと思います。

iPad3と見比べると見劣りするのは確かですが、少なくとも上記2点が解決しない限り、Retinaではないディスプレイのほうにトータルでは軍配が上がります。

(実は上記の他に重量や厚みの問題もあるのですが、いいだすときりがないので省きます)

というわけで、iPad mini2は今のiPad4にとって変わられたiPad3の位置づけになると予想されます。本命はiPad mini3でしょう。

安心してiPad miniの購入をお勧めします。

 

※余談ですが、iPad miniでパズドラがちょうど良くてますますiPad miniの稼働率が上がっていますw

こんな記事も書きました。
http://naomo.co.jp/2013/05/新型ipad-mini2の噂/

http://naomo.co.jp/2013/10/とうとうipad-miniにretinaが・・・/

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*